Top
5年経ったからできること
e0143350_22333873.jpg




7月で、
「紅茶屋」の名刺を手にして
丸5年が経つ。


5年は一つの区切りだと思う。

きっと次のステップに進むための。




5年前、
博多さんは紅茶が好きで独学を重ねていたものの
私はというと、全くの素人だった。
彼の独立したいという意志にひっぱられ
私はこの世界に入れてもらった。



「紅茶屋です」
というのに、ひどく照れて
自信もなく
お客様から質問されたりすると
びくびくしていた。
本当の話。


勉強のため少し通った紅茶教室は
肌があわず
すぐに行かなくなってしまった。
これも本当の話。



紅茶が好きで、というよりも
収入が必要だから
ただそれだけで、お店に立てていたように思う。



これが私たちの仕事だから
生活のために働く。
これは今も同じ。



でも5年前の私とは明らかに違うことがある。



この5年間
毎日、紅茶を飲んでいた。
毎日、茶葉を触っていた。

紅茶があったからたくさんの人に出会えて
紅茶とともにいろんな時間を過ごした。
疲れきってへとへとになった時でも
仕事で失敗して苦しかった時でも
自分に自信を無くした時でも
いつも紅茶の香りがあった。



紅茶について語れることは、まだほとんどないし、
勉強はこれからもずっと続くのだと思う。
産地の知識や科学的情報は何度聞いても忘れちゃう。
自分でもあきれるほど未熟な販売者。




でも
紅茶に対する感謝のような愛着が
今はある。
強くある。



それだけは、声を大にして
発信してもいいかと思った。
発信したいと思った。



「今日も楽しく、美味しく
一緒に紅茶を飲みましょう^^」

そう、ただ言いたくて 始めました。



今日も紅茶日和♪
http://blogs.yahoo.co.jp/pinococamera





*このブログももちろん、続けますよ^0^
[PR]
by shiawasenote | 2009-04-28 23:06
<< できるだけ ひさびさにmemo* >>



毎日の小さなシアワセを綴る写真メモ
カテゴリ
全体
はじめまして
モバイル
リンク
travel
holiday
未分類
以前の記事
my wed shop
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧